いとうあきら イベントの企画・運営・演出を本業とするも、無類の食べ歩き好きが高じて“食べ手”の視点で店や料理を紹介。過去の書き手になかった大人の切り口で飲食への愛情を示した。著書に『東京百年レストラン(T〜V)』。

2014年10月01日

(75)新宿「富の蔵」

名店の技を受け継ぐ主と女将さんとが

夫唱婦随の連携で築きあげる愛あるそば屋

虎ノ門、外堀通りに面したビルの地下に「本陣房」という蕎麦屋があった。現在その場所がどうなっているのか、最近界隈に行っておらず確認ができていない。確か、1990年ぐらいにこの場所に移転し、台頭し始めた記憶がある。

当時の保守的な蕎麦屋感をブレイクスルーし、今では普通になった、茶そば、ゆず切り、しそ切り等さまざまな食材と一緒に練り込んで打つ「変わりそば」を季節替りで実施。灘の樽酒が定番のところに地酒を提供。天ぷらをはじめ、蕎麦以外の料理を少しずつ広げ夜の客単価を上げることにも成功し、新橋界隈にほとんど同じスタイルの支店を増やし始めた。

そんな「本陣房」グループといえば、印象的な屋根付きの行燈と、黒い大きめの四角い器で刻みネギを。そしてメニューは必ず手書きで、失礼ながらその字がヘタだった。店名は違えどまるで同じ店が目と鼻の先に何軒もできて大丈夫なのかと少し思ったけど、持ちつ持たれつで着実に成長。確か現在の本店は、ニュー新橋ビル一階に移転したはずだ。

ぼくは、そんな「本陣房」の中でも「揚げ玉そば」が特にお気に入り。良質の天ぷらを提供しているので揚げ玉だけでもおいしいが、その中にドンと大きなドンコがひとつ入っていて、それとつゆとの相性が抜群。真夏でも冷たい蕎麦を選ばず「揚げ玉そば」にしていた記憶がある。

それから25年。新橋自体に行くことが少なくなり、「本陣房」にも顔を出さなくなってしまったが、先日新宿御苑を歩いていて、まさに本陣房関係の店だとすぐに分かる、屋根付きの行燈を見つけた。「富の蔵」という。

思わず、ドンコ入りの「揚げ玉そぱ」を求めて入店。まずメニューを見ると、伝統的な手書きで、うれしいことに字がヘタである。内容もほとんど「本陣房」を踏襲している。躊躇せず「揚げ玉そば」を注文。まったく同じテイストながら、残念なことにドンコが入っていない。

にも関わらず、ぼくはこの店の密かなリピーターとなった。
なにがいいって、女将さんがとてもステキなのである。
女将さんはおそらく接客のプロではない。客をいなしたり、ましてや、おべんちゃら等はまったく言えないタイプ。なのに、存在感があり、かわいらしくて、そして細かい点までの気配りがすばらしい。なんというのだろう。ご主人と独立を果たした二人の店を、ご主人を支えつつ盛り上げていこうとする「愛」なのだろうか。

さらに、滑舌がいい。いらっしゃい「ませ」。ありがとうござい「ました」。こういった飲食店での基本的な挨拶を語尾まではっきりと言い、そして気持ちを伝える。自分に向けられてものではなくても、その声を聴いているだけで、すがすがしくなる。忙しいランチタイムでも、キチンと人の話を聞き、自分の意図も伝えようとする。今月からの新しいメニュー「です」今、こちらをオススメして「おります」。こうして丁寧に礼儀正しく言われると、「あ、それ」「それも」とオーダー、ランチ時でもあっという間に千円を超える。でも、まったくしてやられた(笑)感がないのだ。当方も十分満足なのである。

後半、というか辞する際にも、できる限りレジまで戻って挨拶し、つり銭をやさしく渡し、深々と頭を下げるオープンしたてのころ、せっかく香り高い蕎麦を打っているのにダイニングが煙っていてとても残念な気がしたので、せめてランチタイムぐらいは禁煙にされたらどうですかと伝えて帰ったら、次から禁煙になっていた。

「富の蔵」には年配の客が多いのも、若いスタッフにぞんざいな対応をされ、気分を害した経験をお持ちの方なのだろうと想像する。年配の女性も、ずっと女将さんを自分たちの会話の中に入れて離さない。

長いサービス経験がなくても、料理に関する深い知識を持たなくても、気持ちや愛情、その人それぞれの育ちや経験が接客、というかコミュニケーションを形作るんだなと、つくづく思う。もしかすると、とんでもなく詳しい方なのかもしれないが。

もちろん「富の蔵」は、「本陣房」仕込みの蕎麦、そして日本料理全般、絞り込まれた地酒に、先進性と技量が見える。そしてなによりも、夫唱婦随の連携が「富の蔵」最大のソフト力となって、ダイニングや料理といった形あるものをさらに魅力的にしていると思う。

「新宿手打ちそば 富の蔵」
●東京都新宿区新宿1丁目3−5
●03-6380-4445
●月〜金11:30〜14:00、17:30〜22:00 (LO21:00)、土11:30〜15:00、17:30〜20:00
●日祝休
http://www.tominokura.jp/
posted by 伊藤章良 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック