いとうあきら イベントの企画・運営・演出を本業とするも、無類の食べ歩き好きが高じて“食べ手”の視点で店や料理を紹介。過去の書き手になかった大人の切り口で飲食への愛情を示した。著書に『東京百年レストラン(T〜V)』。

2013年11月01日

(69)渋谷「deco」

バー仕様を超えた! 圧巻のジビエ力

ワイン力、サービス力の凄さ

ワインバーとかダイニングとかいうジャンルは、僕がもっとも行かないカテゴリーだが、今回紹介する「deco」はワインバーからのスタートであった。少し言い換えれば、ワインの販売に重きを置いた料理店だったと記憶する。今でも、お店のオフィシャルサイトによると「French&wine bar」になっている。
半地下の、いかにもバーっぽいアプローチ。ダイニングは、厨房と向かい合わせにカウンター席が大きくとられて、「飲み」が主体であることを主張する。午後8時に入店しても客はまだ半分の入りだったが、9時をこえた頃からポツポツと埋まり始め満席に……。と、まさに客の使い勝手もバー仕様のところがある。

場所は渋谷区神南。渋谷駅から原宿寄りの山手線外側の一角。この界隈は、デザイン業界筆頭の専門学校「桑沢デザイン研究所」の存在もあり、ずっと以前から、渋谷の中では治外法権的にオシャレなエリアだった。ポツポツと明かりを灯す飲食店も個性的な顔が並び、加えて坂も多くて、異国情緒も醸していた印象がある。

世の趨勢として、渋谷の街の変遷に押し流され一時の色気は失ったが、今やイタリア料理界の急先鋒となったサローネグループの「ヴィオデナミコ」がこの地に返り咲いた際、ほぼ同時期に「deco」もスタートしたと記憶する。そして当初「deco」は、「ヴィオデナミコ」の二軒目という利用のされ方が多かったのではないだろうか。

ところが、柔らかい物腰ながら独自の視点を持ち味にワインのセレクトを主張するソムリエール、卓越した技術力と食材に賭ける情熱で、簡素な厨房から信じがたい皿を創造する料理人。この両名の存在は、「ヴィオデナミコ」の二軒目としてはあまりある、というかそれをも凌駕するフランス料理店として、めきめきと頭角を現した。

客も店を変えるが、当然、スタッフのキャラクターは、もっともっと店を変化させる。「deco」のシェフとソムリエールの存在は、ワインバーとしてマックスな内装や厨房とのハンティを背負いながら、今や恐ろしくグレードの高いフランス料理店だと確信する。もちろんビストロなどと間違った呼称で呼ぶこともできない。

圧巻はこれからの時期。まさに今月紹介をさせていただきたかったのは、「deco」のジビエなのだ。店頭や庭に吊るして熟成させているレストランを見かけるが、「deco」では、熟成中の野禽類が羽付きのままトレーに載せられ、見目麗しいソムリエールによってテーブルまで運ばれてくる。客は、彼女から説明を聞き実際に熟成度合を確認しながら選ぶことができる。店の規模や動けるスタッフの頭数を考えれば、本当に頭の下がる(そして食材対する愛を感じる)時間だ。
またジビエに対するワインは、どうしてもヘビーさだけを拠り所にした平板なセレクトになってしまい、比較的冒険の選択肢がないと思う。ところが「deco」でのレコメンドは、単体で口に含むなら「キレイ」と感じるのに、いざジビエと共に味わうと、どこにそんな力を秘めていたのかと驚くぐらい大きな顔をする。シェフの料理を知り尽くしたからこその一本に、チーム力の凄さも感じた。

本当に少数精鋭の運営で、お一人が幾通りもの仕事をこなさなければならない現状は、どうしてもサーブが滞りがちとなる。ただ、その後もたられる料理やワインに接すると、待った甲斐があったねえと、誰もがうなずくことだろう。

「deco (デコ)」
●東京都渋谷区神南1-17-2 DIX神南ビル B1F
●03-6416-1151
●11:30〜14:30、18:00〜21:30(L.O)
●日祝休



posted by 伊藤章良 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379134607
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック