いとうあきら イベントの企画・運営・演出を本業とするも、無類の食べ歩き好きが高じて“食べ手”の視点で店や料理を紹介。過去の書き手になかった大人の切り口で飲食への愛情を示した。著書に『東京百年レストラン(T〜V)』。

2013年06月01日

(65)代官山「Ata」

聞こえてくる高評価。“カワイイ”スタッフに和みながら

ガッツリ食べる魚介中心のフランス料理

オープン半年足らずで、ここまで高い評判を聞く店も久しぶりだ。
会う人会う人、特に外食のリテラシーが高いヒトほど、あそこはいい、と言う。
まだまだ情報がひとびとに浸透しておらず営業時間も長いので、ふと思い立って当日の電話でも予約がとれるのが喜ばしい。

雑誌の紹介記事でも食べログでも「すべてが魚介類専門のフランス料理店」との位置づけだ。しかし、少数ながら肉料理もあるし野菜料理は豊富。ぼく自身は、その点にさほど個性とか新しさとかを感じるわけではない。普通にフランス料理店に行って魚介を中心にオーダーすれば、ココと同じ流れを作ることもできよう。でも、今まではあまり存在しなかったタイプの料理店であることは確かで、その魅力のすべては、後述もするが厨房に立つ男女二人の料理人から発せられているように思う。

一方、当然、客の前で取り分ける演出=デクパージュが期待できる環境ではなく、ドーバーソールのように骨付きの魚を注文してカッコよく食べることができるか、という認識に立つと、意外とハードルは高く設定された店なのかもしれない。メニューはアラカルトオンリーで安価なコース設定がなく、しかも魚介類中心となれば、食べログラバーは敬遠するだろう。点数も低い。意識してのことかどうかはわからないものの、あらかじめ上客を選別することにも成功していて、大いに参考になる。

「Ata」は、代官山というより、どちらかと言うと渋谷にあるといっていいだろう。昔から、しぶーいレストランがポツポツと並ぶエリアで、そんな店の等間隔の灯りがふわっと緩くて、おいしさまでも匂わせる雰囲気を持っている場所だ。

かわいい階段を上り、可愛いエントランスを開けると、そこにカワイイ二人がいる。キャリアも積んだ(そして、まったく動きに無駄のない)お二人を称してカワイイとするのは恐縮だが、まさにそんな親しみやすさが先行するオープンキッチン。料理に詳しい人ではなくてもなんとなくわかる最新の調理器具が並んでいて、それをカワイイ人たちが、縦横無尽に動かす。

メニューは、キッチン上の黒板に、でっかく書かれている。
まずはスペシャリテとして、蒸した魚介と野菜をアイオリソースにディップして食べるか、ガッツリとブイヤベースを選ぶかをチョイス。加えて前菜とメインがある。まさに、食べろ!食べろ!と叫んでいるような構成で、代官山散歩の途中に立ち寄り、ちょこっと食べてその後スイーツでも・・・な客はターゲットではない。

奥に何卓かテーブルがあるようで、そちらもにぎわっていたが、「Ata」では、カウンター席以外には考えられない。おそらくテーブル席は、文字通り魚介類専門のフランス料理屋なのだろう、でも、カウンターに陣取ると、そこは、溌剌と動くカワイイ二人に見とれつつ和む、特別の空間なのである。

メニュー名は確かに少々上級かもしれない。ただ、その日の隣りの客は「パテカン」と書かれた意味を質問しており(実際には、パテカソって何ですか? と聞いていたが 笑)、そんなフランクなコミュニケーションが自然発生的に起こる環境だ。

シェフは最初に、キチンと自分の店の個性や特徴と注文の仕方を説明するし、忙しい合間にも手を止めて、こちらからの問いにも丁寧にユーモアを交えて応える。そのトークがあまりになじむので、恐縮ながら何度も質問を投げかけたくなる。

シェフは、客がオーダーしたメニューを、どの順番でもう一人の女性料理人と分担してこなしていくかをすべて大声で公開し、ホールのサービススタッフへの指示も同じように分け隔てなく大声で伝えている。特にもう一人の厨房の女性は、単なるアシスタントではなく、シェフが火の前に立つときには冷たい料理を、シェフが魚を焼くときにはソース作りを、と、見ていてオオッと感心するぐらい完璧なチームワーク。キッチン狭しと立ち位置が入れ替わる様は、まるでバトミントンのダブルスを見ているようにも映る。

最後に。最近の傾向として、というか流行る店の一つの特徴は、女性がイキイキと(悲壮感なく)働いている様子が客の視野の中にあること、ではないかと考えている。それは自分が男だからなどと偏った見方ではなく、長らく男の現場であり、しかもブラックボックスのイメージが強かった厨房が公開され、辛い仕事の象徴のような白いコックコート以外の清潔な服装で機敏に動く女性の存在。それは、食べるという欲望をさらに膨らませることに、より一層好条件として作用しているのではないか、と密かに感じているのである。

「Ata」
東京都渋谷区猿楽町2-5 1F
●03-6809-0965
●17:00-26:00
●日休
posted by 伊藤章良 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック