いとうあきら イベントの企画・運営・演出を本業とするも、無類の食べ歩き好きが高じて“食べ手”の視点で店や料理を紹介。過去の書き手になかった大人の切り口で飲食への愛情を示した。著書に『東京百年レストラン(T〜V)』。

2012年08月01日

(58)西麻布「アムール」

海外、一流店での修業経験を謳うシェフ過剰の時代。実力と

幸運を兼ね備えたフランス料理人がアロマフレスカ系に登場

前月の「レカイヨ」でも書いたが、今年はフランス料理店、特に、プロもアマもこぞって「グランメゾン」と間違ったフランス語で呼ぶ、高額フランス料理店が何軒かオープンしている。ただ、こういったグランメゾン(笑)だけではなく、大家の土田さんがブログで紹介した「ル・ボーズ」を筆頭に、様々な形態のフランス料理店も多く開き始めた印象がある。

一方それに乗じて、「俺のフレンチ」といった低価格レストランの台頭も話題になっている。多種のフランス料理店が新しくオープンするだけなら期待に胸をワクワクさせるのだが、「俺のフレンチ」なる安売店が出回り始めると、少し不安な気持ちにもなる。いったんユニクロを着てしまえば再び一流ブランドに手を出すのがしんどくなるのを例にとり、価格破壊そのものを危惧する声が多いけど、ぼくの不安はもっと別なところにある。

「俺のフレンチ」というレストランの形態を知れば知るほど、ぼくは、駅前や地下街にてハデなランプが回っている10分1000円の低価格理髪店を思い出す。というより、「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」なるコンセプトは、この低価格理髪店を見ているうちに思いついたのではないか、とすら感じている。低価格理髪店は、理容師としての資格は当然所有するが自分の店を持てない、もしくはなんらかの理由で普通の理髪店に就職したくない人たちをうまくリクルートして始めたと聞いた。そして、それは度重なる不況の影響で店や仕事を失った理容師が、大幅にあまり出したことにも起因する。

その点を「俺のフレンチ」に当てはめるなら、自分の店は持てない、もしくは一国一城の主になろうという意欲はない料理人を上手に集めたと同時に、逆の見方をすれば、上の理容師同様、フレンチの料理人がすでにダブついていて、レストランのトータル席数が、日常的にフランス料理店を利用する人数をかなり上回っているのではないかと心配なのだ。

いっぽう、海外の星付きレストランや都内の有名店で修業を重ねた料理人が余り始めた時代に、今や全国規模で高級レストランを展開するアロマフレスカグループの代表が惚れ込んだという、幸運プラス実力を備えた料理人の店が西麻布に誕生した。「アムール」である。

実際に、オーナーからもシェフからも、どういう経緯で出店するに至ったかとの話を聞いた訳ではないけど、レストラン建屋の名前を「Maison510」つまり後藤祐輔というシェフの名前を冠に据えるぐらいだから、「あなたの名前を付けて待ってます」という意味にとらえても、あながちハズしてはいないだろう。

ただ、過去にアロマフレスカグループが展開してきた、ダイニングのカッコよさ、キュートさ、粋が、西麻布にもともとあった一軒家に再現されていないのは、個人的に最初のつまずきだった。ぼくは「アロマフレスカ」の広尾時代がタイヘンなファンなので、どうしてもそこから離れることができないのかもしれない。でも「アムール」は、ダイニングが広すぎるのだ。よって、過去の「アロマフレスカ」の店舗のように、キュッと音が聞こえてきそうなほど引き締まった感じの心地よさは、全体的に緩めな「アムール」に見つけることができない。だからといって居心地が悪いわけではなく、どちらかというと「ひらまつ」的なゴージャス感は充分に備えていて、サービス陣の、フレンドリーながらつかず離れずの接客もサスガである。

少し驚いたのは、ソムリエがとても長身なこと。長身・体育会系のソムリエは、意外と「アムール」のダイニングには溶け込んでいて好印象。さらにワインリストは、大きなフランスの地図上にワインの産地別に分けて表記されており、初代「アロマフレスカ」のリストを懐かしく思い出した。

シェフは「レカン」や「カンテサンス」を経て「アムール」に迎えられたと聞く。きっと真面目な方なのだろう、それぞれの店のエスプリをキチンと踏まえつつ、自分のオリジナリティも加えた、バランスのいい料理構成になっている。ただ、個人的には、器と料理の相性があまりよくないように、というか凝りすぎかなあとも感じた。せっかくの料理が引き立たない、もしくは食べにくい場面が何度かあったからだ。

メニューは、シェフのスペシャリテが詰まった定番コースと、少し価格を上げた季節のコースの2種類になるようで、こちらも「アロマフレスカ」を踏襲する。そんな様々な点を見ても、オーナーは、フランス料理版の原田シェフを育てていこうと考えておられるのだろう。それほど見込んだシェフゆえ、とても優れた将来ある方なのだとは思う。

実は後藤シェフ、“美食の王様”来栖けいがオーナーである「エキュレ」の初代シェフである。ただ、ぼくたちにとって、引退した「来栖けい」に対するアレルギーというか違和感は拭い去りようもなく、「こちらがエキュレ時代のスペシャリテです」と言われた瞬間、その料理が色あせてしまうのは、悲しい現実としか言いようがない。

*夏休みと海外出張のため、次回の「新・大人の食べ歩き」はお休みいたします。

「アムール」
●東京都港区西麻布4-10-3 2F
●03-3409-1331
●12:00〜13:30LO、18:00〜21:00LO
●月休
http://maison510.jp/
posted by 伊藤章良 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/284221943
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック