いとうあきら イベントの企画・運営・演出を本業とするも、無類の食べ歩き好きが高じて“食べ手”の視点で店や料理を紹介。過去の書き手になかった大人の切り口で飲食への愛情を示した。著書に『東京百年レストラン(T〜V)』。

2010年12月01日

(35)恵比寿トラットリア・ピッツェリア「マッジ」

日本のピッツァへの功労者のひとりが

イタリアン密集地で新たな勝負へ

レストランの業界にも「美談」と呼ばれる逸話がある。この話もその部類だろうか。

大学時代のラグビー部で育まれた友情。その後二人はライバル同士の大手広告代理店に就職したが、その一人は食への夢を断ち切れず、ナポリに渡ってピザづくりの修業に入った。

修業を終えた一人は日本に戻り、ナポリで学んできた「ピザではなくピッツァ」を日本で広めるべく、東京でレストランを出したいと、大学時代の親友に(実際には、先輩後輩との話も聞いてますが)相談。

親友はその話を聞いて感激し、貯金をはたいて資金を作り、日本でほぼ初めてに近いナポリピッツァの店を、彼と共同で白金に開く。その店では、本格的なピッツァを目指すゆえ、ピッツァ窯の施工についてもイタリアから職人を呼び寄せるほどの凝りようだった。

彼らの功績によって、多くの日本人はピザとピッツァの違いを知り、というより、ピッツァという食べ物が「いかに美味しい」かに驚愕し、「ピザーラお届け」とは違う新たなレストラン市場を日本中に広げた。

と、ここまではインターネットを検索すれはすぐに入手できる話だ。ぼくはこのお二人を直接存じ上げないが、元同僚だった友人もおり、実はこの経緯も、リアルタイムで伺っていた。

二人で始めたピッツェリアは親友の経営才覚もあり大きく発展。その後、国の内外を問わず優秀な料理人を起用することで、レストラン運営会社として成功をし続けている。今やピッツァたけではなく、「サン・パウ」や「カンテサンス」といったミシュランガイド東京でもお馴染みのレストランを傘下に収めて、今後も楽しみな彼らである。

と思っていたら、ナポリで修業して帰国した一人は、2年ほど前からピッツァやイタリア料理に特化した別の運営会社を設立していた様子。そしてその彼が、恵比寿はガーデンプレイス近くの、元々結婚式の貸衣装屋だった場所に、トラットリア・ピッツェリア「Maggi(マッジ)」をオープンした。

その間の事情はまったく存じ上げないし、よく言われる成功したら別れてしまうパターンなのかもしれないが、「彼」が焼くピッツァにまた巡り合えると思うと、それは一人のファンとして素直に喜びたい。

場所は、恵比寿ガーデンプレイスとウエスティンホテルの間の坂を明治通り方面に下る道沿い。徒歩1分圏内に、同じくナポリ直送の窯でピッツァを安価に提供する店を含めイタリア料理店が少なくとも7軒はあり、元々彼らが運営していたピッツェリアもその中に含まれるというスゴイ密集地への乗り込みだ。

階段を上って2階。まさにビッツァのオリジンを訴えるべく、エントランスのすぐ左に真新しい窯が設けられ、ココでピッツァを食べずしてどこで食べるのだ、という気分にさせる。

店内は想像していたよりも広く、ぼくが訪れたときはすでに大半の席を女性ばかりが占め、各所で嬌声が上がっていた。この瞬間いつも残念に思うのだが、この手の店はどうして女性ばかりなのだろう。警官の制服を着た男性の集団がむしゃむしゃとピッツァを食べていたナポリでのシーンが懐かしい。

店内には女性客ばかりでなくスタッフの多さも異様に目立った。が、多いだけで厨房もダイニングも正常に機能していないところは、開店直後のどの店にもみられる慌ただしさだ。

さすがにピッツァはウマい。よく言われるもちもち感は当然だが、その中にしっとりとした芯もあり、噛むほどに甘味もにじみ出す。また、しつこさは一切なく、量を食べてもスーとお腹に入ってくる。その辺が女性にウケる所以とは思うが……。

いっぽう、パスタは少々いただけない。2品乾麺を頼んでみたが茹で加減ですら安定していなかった。一品は茹ですぎでもう一品は間違いなく茹で足りない。後者の一品はあまりにも固くて(アルデンテという認識からは大きく外れていて)一応クレームを伝えた。ピッツァの窯には、ネイビーのポロシャツを着たオーナーがつきっきりで火加減を見たり指導したりしていたが、パスタについては他のメンバーに任せきりのようで、トラットリアとしての看板を上げるなら、その辺もしっかりと目を行き届かせてほしいと思う。

ただ、トータルとして安価な設定と忘れがたいピッツァの味には脱帽だ。もう少しコナレてきたあたりで、お腹を空かせて再訪したいと思う。

トラットリア・ピッツェリア「マッジ」
maggi (1).jpg
●東京都渋谷区恵比寿4-23-9 恵比寿ブルーメ2F
●03-6450-3461
●11:45〜14:30LO、18:00−25:00LO(月〜金)/17:30〜25:00LO(土)/17:30〜22:00LO(日祝)
●無休
posted by 伊藤章良 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
おいしいピッツァに飢えていました。
良い情報ありがとうございます。
わたしのピッザ初体験は学生時代の武蔵境の小さなオイザ屋さんとニコラスですが、是非是非行ってみたいです。聖林館と比べてどうでしょうね。
Posted by YUKKO at 2010年12月01日 14:49
YUKKO様
メッセージありがとうございました。
昼も夜遅くも休日なしで開いている店ですので、ぜひ恵比寿散策のオアシスにお立ち寄りください。

聖林館よりマッジの方がぼくは好きかな。見た目だけでは分からない軽さが魅力かもしれません。
Posted by 伊藤章良 at 2010年12月03日 11:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック